Nike Ja 1 Performance Review

6月 28, 2023
17310
0
  • テストカラー:Day One(DR8785-400)
  • 主な機能:Forefoot Zoom Air,Phylon Midsole,Half Inner Bootie,TPU Shank Plate,TPU Internal Heel Counter
  • 着用した主なプレイヤー:Ja Morant,Nic Claxton,Danuel House Jr,Kentavious Caldwell-Pope,Kenneth Lofton Jr,Cameron Payne
  • 価格:¥13,200・$110

Introduction

今回はJa Morant(ジャ・モラント)の1stシグネチャー"Nike Ja 1(ナイキ ジャ1)"のレビューです。

モラントはNBAのグリズリーズ所属のハイパーアスレチックなPG。

現在のNBAで自分が一番好きなプレイヤーでもあります。

今作も例のごとく、欧米では「グローバルラスト」、東アジアでは「EPラスト」がそれぞれ発売。

このレビューは前者グローバルを履いてのもの。

本当はEPも買って比較レビューにしたかったのですが、購入できなかったため断念しました。

さてどうなりますか。細部を見て行きたいと思います。

※グローバルとEPの間には、サイズ感の違いはもちろん、クッションやグリップ性能などにも異なる点が存在します。

※ここの比較に関してはカイリー3のレビューで詳述しています。

⇒NIKE KYRIE 3 PERFORMANCE REVIEW

⇒他のナイキモデルのレビューはこちら

⇒ASTERKICKSのプロフィールはこちら

⇒各スコア項目についてはこちら

⇒Youtubeチャンネルはこちら

⇒Twitterアカウントはこちら

⇒Instagramアカウントはこちら

TRACTION - 10 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

JaシリーズのロゴとアルファベットのJAがマッシュされた様に見えるアウトソール。

結果としては全面が変則的な「ヘリンボーン・パターン」にまとまっています。

グローバルなのでラバーは「ソリッド」

ソリッドはややソフトめで、粘着性もやや高めの質感。

スキール音は大きめに鳴るものの、特に制動距離は感じず、止まりたいところで止まれます。

かと言って急ストップ系ではなく、接地面積の大きさや体重の掛け方に比例してグリップの強さが増すナチュラルなトラクション。

パターンはやや深めでホコリにも強い。

パーフェクトスコアです。

CUSHIONING - 9 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

「ファイロン・ミッドソール」「フォアフット・ズームエア」を埋め込んだクッションセットアップ。

※ストロベルボードは通常のEVAです。

ファイロンはやや高めの密度。圧力を掛けるとある程度沈みますがそこからの復元が速い弾力ある質感。

最近のバッシュにしてはしっかりした厚みがあり、クッションの前後バランスもほぼフラット。

純正インソールも最低限のコシはある質感で、やや厚め。

※インソール裏の糊の量はかなり多いので要注意。一度の試着程度でもガッチリ貼り付いてしまうので、交換前提の方は購入後に即取り外し推奨です。

足入れ段階から、かなり安心感ある乗り心地です。

ズームエアはかなり体積が小さく、存在感無し。

特に近年のズームエアは反発材でなく吸収材として機能することが多いため、個人的にこれは大歓迎。

フォアのアウトソールはミッドソールの下半分をケージしていて、フォアの屈曲剛性はなかなかに強い。

屈曲からの復元スピードも速く、反発性はかなり優秀。

特に強いステップのエネルギーリターンが素晴らしく、ジャンプの最高到達点は明らかに伸びました。

やや沈みがあるので細かいステップでは少しアジャストが要りますが、それでも反応は速い部類。

体感ではパーフェクトスコアなクッション。

ですが自分がモラントファンであるプラシーボ効果で上振れしている可能性を考慮。

更に次作の進化の期待も込めて1ポイントダウンしました。

※市販のインソール「スーパーフィートのグリーン」に交換すると、元々しっかりしていたアーチサポートがより強化され個人的にはアリ。

"Nike Zoom BB NXT"の「リアクトインソール」に交換ではフォアの厚さが過剰になり、窮屈になるためNG。

「スジオカボード」と「純正インソール」の組み合わせもフォアが窮屈になるためNG。

「スジオカボード」「エアジョーダン11のインソール」が最適解。窮屈にならず、より少ない力でより高反発・高反応を得られます。

⇒スジオカボードの詳細はこちらへ

※インソール・ボード交換はスコアに含めていません。

※ここで言及していないインソールやボードの他の組み合わせは「特に変化なし」もしくは「NG」でした。

※インソール・ボードの合う合わないは個々人によるのでこれらはあくまで参考程度でお願いします。

 

COURT FEEL - 9 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

前述のとおり、クッションには厚みがあり、弾力性もあります。

あまりに軽いステップだと押し込み切れなかったり、あまりに強いステップだと押し込み切って潰れる(バランスを崩す)事がありますが、これもかなり限定的な話です。

少し履けば慣れて、常にダイレクトな接地感を得られるようになるでしょう。

FIT/LOCKDOWN - 8 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

「ハーフ・インナーブーティー」「アッパー」が包むオーソドックスなセットアップ。

アッパー素材は「テキスタイルメッシュ」「シンセティックレザー」がベース。

素材の組み上げに関してはフューズや接着は少なめで「刺繍」が多い仕様です。

履き口は大きく開き、足入れはスムーズ。

シューレース形状はフラットで、一度締めれば緩んだり解けたりせず快適です。

見た目は幅広なシルエットですが、パディング量も成型も適当。

内部空間はしっかり埋まる構造になっています。

むしろトーボックスがかなり低い成型で、いつものソックス2枚だと窮屈で足の横アーチを維持できません。

普段よりもわずかに捨て寸を大きめに取る形になりますが、ソックス1枚に減らすのが最適解の模様。

捨て寸を増やしても高さがフィットしているため、足が内部でスライドすることもありません。

※捨て寸は大きめと言っても1cm弱程度です。

トーボックスの低さは足指の形状や厚みによっては「鬼門」となりそうなのでやや厳しめに採点しました。

グローバルトライの際はご注意を。

※※※サイズ選びに関して※※※
 
ナイキのマイサイズであるグローバルラストの「27.5㎝」を購入。

前述のとおり、いつものソックス2枚ではキツく、ソックス1枚に減らしてジャスト。

基本はハーフサイズ(0.5㎝)アップで考えて良いモデルだと思います。

足指に高さがない方であれば、マイサイズでも履けるかもしれません。

※Cushioningの項目のインソール・ボード交換もすべてソックス1枚でトライした感想です。

SUPPORT - 9 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

ソールには安定性があり、捩れ剛性も強力です。

懸念はやはりトーボックスの低さから来る足指へのダメージのみです。

LATERAL TRANSITION - 10 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

トラクションと捩れ剛性が強力で、クッションの反応速度も沈みに慣れれば高速な部類。

左右方向への動きはかなりスムーズです。

HEEL-TOE TRANSITION - 9 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

ソールとクッション自体の前後方向の重心移動は推進力がある且つスムーズ。

ですがソックス調整後も、ストップ時には低いトーボックスと親指が微かに擦れるのを感じます。

幸い痛みが無い程度ですが、足型によってはかなり気になる可能性があります。

BREATHABILITY - 7 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

タンのメッシュがメインの通気口で、両サイドのレザーパネルのホールからも若干通気します。

タンは厚めなので、他のモデルに比べるとやや通気性低めなのでギリギリ平均レベルと言ったところ。

足からの発汗が多い方は使用後のケアが必須なモデルでしょう。

DURABILITY - 8 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

ミッドソールの質感がいつまで持続するか。

耐久性に関して気になるのはこの一点のみ。

既に15時間以上、試合も含めて結構な強度で履いていますが現状はまだまだ大丈夫そうです。

WEIGHT - 10 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

約369g(27.5cm・片足)

Final Conclusion

今作をまとめますと「本物」

着用初回から今作の履き心地は素晴らしく、自分のプレイスタイルにもピタリと合っている感覚でした。

正直ここまで良いパフォーマンスを期待していなかった事もあり、プラシーボ効果で履き心地が実測より上振れしているかも…と疑いが生じました。

疑いを確信に変えるため、高頻度で対人バスケで履きましたが、10回以上履いても履き心地は変わらず素晴らしいまま。

近年発売のバッシュの中でも間違いなくトップグループに入ります。

定価で買えたならコスパもかなり高いのでオススメです。

…ただ彼のファンとして少しエゴを出させてもらうと、諸々の騒動の中でモラントの事をボロクソに言っていた人には履いて欲しくないかな。。

逆に今でもファンを続けている方は是非に!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

このレビューが少しでもバッシュ選びの参考になれば幸いです。

 ⇒ナイキ公式で購入

⇒楽天市場で購入

⇒アマゾンで購入


⇒NIKE JA 1 EP TRY-ON REVIEW

⇒他のナイキモデルのレビュー

⇒ASTERKICKSのプロフィール

⇒各スコア項目について

⇒Youtubeチャンネル

⇒Twitterアカウント

⇒Instagramアカウント

  • TRACTION - 10/10
  • CUSHIONING - 9/10
  • COURT FEEL - 9/10
  • FIT/LOCKDOWN - 8/10
  • SUPPORT - 9/10
  • LATERAL TRANSITION - 10/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 9/10
  • BREATHABILITY - 7/10
  • DURABILITY - 8/10
  • WEIGHT - 10/10
TOTAL SCORE
A- 89 / 100

PERFORMANCE RANKING

TAGS