Nike Hyperdunk X(10-2018) TB Performance Review

11月 13, 2020
823
0
  • テストカラー:Midnight Navy/Black-white(AR0467-402)
  • 主な機能:Forefoot Zoom Air Unit, Heel Zoom Air Unit, forefoot Inner Bootie, Phylon Midsole, TPU Shank Plate, TPU Internal Heel Counter, Leather External Heel Counter
  • 着用した主なプレイヤー:Marc Gasol, Chris Middleton, Karl-Anthony Towns, Domantas Sabonis, Evan Fournier, Donte Divincenzo
  • 価格:¥16,200(国内)・$130(海外)

Introduction

今回は"Hyperdunk X TB(ハイパーダンク X TB)"のパフォーマンス・レビューです。

ハイパーダンクシリーズも早いものでもう十代目。

今作のテーマは「ズームエアへ回帰」

「ナイキ・リアクト」は前作一代限りでした。

リアクトは硬いとの声が多かった気がしますし、世論に合わせたのでしょうか?

個人的にはまったく硬いとは感じませんでしたが。

今作は果たして。

ちなみにTwitterで少し話題にした、機能が高い傾向にある「TB(チームバンク)」が今年も国内展開があり、迷わず購入。

※どうでも良い事ですが、TBは海外専用に製造されたようで、ボックスのタグには定価札を切った痕がありました。

早速その細部を見ていきたいと思います。

https://twitter.com/asterkicks

 

⇒筆者のプロフィールはこちら

⇒各スコア項目についてはこちら

TRACTION - 8 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

全面が波状の「ヘリンボーン・パターン」で構成されたアウトソール。

「ウェイブボーン」と呼ばれたりもしますね。

このソリッドラバーの粘性は高めで、パターンは細くソフト。

ソール形状はフォアに厚みを持たせ、フォアが反った"Kyrie 2"に似た乗り心地。。。

体重を掛けてもあまり沈まず、強制的に「母指球から小指球に掛けてのライン」に乗る仕様。

このラインは重心的には重要な位置ですが、ここがここまで張り出してると足のアーチが崩れます。。。

フォアだけに乗りたいシチュエーションでは特に違和感が大きく、望むレベルのトラクションが得られません。

何より納得いかないのは、前後方向では沈まず邪魔をする割りに、左右方向ではちょいちょいブレること。

足裏全体を使ったステップではブレもほぼ起きず、しっかりグリップしてくれますが、私のプレースタイル的に合わないトラクション。。。

フォアの加速感が欲しいプレイヤーには物足りなく感じると思います。

ラバー自体もパターンもホコリに強いのに何とももったいない…。

CUSHIONING - 7 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

「ファイロン・ミッドソール」「ヒール・ズームエア」「フォアフット・ズームエア」のセットアップ。

前述のとおり「ナイキ・リアクト」前作"Hyperdunk 2017"の一代限りでした。

事前情報では「ヒール・ズームが歴代最厚」と聞いていましたが、履いた感じはフォアの方が厚い。

履き込んでもこれは変わらず、カカトが下がった後傾なクッションバランス

となるとヒールのファイロンはかなり削られていますね。

フォアメインでプレーするので、ここまで後傾だとズームエアを押し込むまでヒールに体重を掛けません。

ダイレクトに乗っているはずのズームの恩恵はほとんど感じず。

一方フォアはフォアで妙に張り出したクッションの主張が強過ぎる。。。

吸収性はあるにはありますが違和感はかなりのもの。


反発性に関しては説明が難しいのですが、前述の「母指球からのライン」から「足指部分」に向かって急な角度が付いていて、重心の移動がそこで途切れます。

カクッと抜けてしまう感じで、扱いにくい。

確かに抜重からの落下を重心移動では使ったりしますが、ここまで過剰だとバッシュに踊らされる状態に。

低いヒール⇒張り出したフォア⇒反ったつま先、と重心移動が上下してロスが多いです。

その場でジャンプの反発性としてはある程度アリかもですが。。。

それ以外のほぼすべてのシチュエーションにおいて反発性は正直物足りない感覚


接地位置を限定するソールはやはり苦手です。。。

COURT FEEL - 7 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

ソール形状とクッションバランスが残念。

厚みのあるフォアは少し横ブレしますし、接地感もそれなりです。

トラクションは良く、アッパーも干渉してこないので、ツーリングがとにかくもったいなく感じます。。

FIT/LOCKDOWN - 9 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

「フォアフット・インナーブーティー」「ネオプレンとテキスタイルのアッパー」が包むセットアップ。

素材の足当たり、シューレースのロックダウン、ヒールカウンターの成型・パディング、いずれも申し分ない仕上がり。

4項目にして、ようやくハイパーダンクらしいパフォーマンスが見られました。

マイナスしたのはサイドのスウッシュロゴが入ったパネルの配置

せっかく付けるなら、横ブレを防ぐために"Air Jordan XXX(30)""Kobe X(10)"の様に小指部分がベターだったかと。

それ以外の部分はさすがのパフォーマンスで、足にピタリと付いてきてくれます。

 

※サイズ選びについて※

通常サイズの「27.5cm」を購入。

このTBはグローバルラストになります。

新品では少しキツかったですが、少し使用したらインソールが沈んで、ジャストフィットになりました。

足幅の広い方はハーフサイズ(0.5cm)アップを考えても良いかもしれません。

SUPPORT - 8 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

反ったソール形状からフォアだけで接地しようとすると、空振りしてしまう事がしばしば。

またフォアのクッションの横ブレは懸念材料。

これら2点がクリアできれば、サポート性に不満は感じないかと。

ヒールカウンターのブレ防止、シャンクの捻れ防止はしっかり効いています。

フォアのブレ幅も大きくなく、怪我をしそうな感じはありません。

LATERAL TRANSITION - 8 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

通常スピードではなかなかスムーズ。

急な切り返しではフォアが若干ブレますが、まあ許容範囲です。

左右方向ではフォアの足指部分を使う事が少なくなるので、横ブレの影響も少なめ。

HEEL-TOE TRANSITION - 6 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

左右方向よりソール形状の影響は大きくなり、トラクションも同様。

低いヒールから厚いフォアへ、そこから急激にカクッと反ったつま先へ。。。

乱高下するジェットコースターみたいな重心移動です。

私は接地ポイントを限定されるソール形状がかなり苦手なので厳しめのスコアにしました。

"Kyrie 2"などの形状を問題なく履きこなせるプレイヤーならスコア以上のパフォーマンスに感じるかと思います。

BREATHABILITY - 8 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

吸湿速乾性のあるネオプレン素材が多く使用されています。

素材自体は少し肉厚ですが、それでも熱が籠る感じはありません。

通気性はなかなか良好かと。

DURABILITY - 8 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

心配なのはフォアの横ブレがズームエアにダメージを与えないか。

この一点以外に気になる箇所はありませんでした。

 

WEIGHT - 9 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

約369g(27.5cm・片足)

実重量も体感重量も軽いです。

フォア形状が違ったら、この軽さを楽しめたと思います。

Final Conclusion

ハイパーダンクシリーズでは久々の「ハズレ」でした。

やはりソール形状の主張が激しいモデルは苦手です。

先日Twitter「EPラストよりグローバル、グローバルよりもTBの方が良い傾向にある」と語ってましたが、今作は例外。


試着での比較になりますが、まずグローバルとTBに違いは感じられず。

EPに関してはソールがよりフラットに近くプレーしやすそうな感覚でした。。。

もちろんフィットは広めで足型は合わず、例のごとくソール剛性も下がっていた訳なので一長一短。

ただ「EPとTBどちらを履いてプレーするか?」と二者択一だったら、かなり迷いますがEPを選ぶかもしれません。

今までに無いパターンで、やはりバッシュは履いてみないと分からないですね。

アッパーの作りは癖なく足の延長の様に感じるだけに、何でソールに余計な事した…ともったいなく感じる一足でした。

https://asterkicks.com/performance-review/3016.html

https://asterkicks.com/performance-review/2167.html

https://asterkicks.com/performance-review/2024.html

https://asterkicks.com/performance-review/1099.html

https://asterkicks.com/performance-review/116.html

  • TRACTION - 8/10
  • CUSHIONING - 7/10
  • COURT FEEL - 7/10
  • FIT/LOCKDOWN - 9/10
  • SUPPORT - 8/10
  • LATERAL TRANSITION - 8/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 6/10
  • BREATHABILITY - 8/10
  • DURABILITY - 8/10
  • WEIGHT - 9/10
TOTAL SCORE
B 78 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS