Nike Kyrie 2 EP Performance Review

7月 7, 2016
13,256
6
  • テストカラー:Bright Crimson(820537-680)
  • 主な機能:Hyperfuse Technology, Heel Zoom Air Unit, Inner Bootie(Forefoot Only), Phylon Midsole, TPU Shank Plate, TPU Internal Heel Counter, Midfoot Strap
  • 着用した主なプレイヤー:Kyrie Irving, Reggie Jackson, J.R. Smith, Jameer Nelson, Thaddeus young
  • 価格:¥17820(国内)・$120(海外)

Introduction

Jan 29, 2016; Auburn Hills, MI, USA; Detroit Pistons guard Brandon Jennings (7) and Cleveland Cavaliers guard Kyrie Irving (2) go after a lose ball during the fourth quarter at The Palace of Auburn Hills. Mandatory Credit: Tim Fuller-USA TODAY Sports

今回のレビューはカイリー・アービング2ndシグネチャー

球体のように丸いフォアフットがかなり特徴的なデザイン。

前作“Kyrie 1”でもフォアフットは、前後左右方向へ傾斜が付けられていました。

重心移動を加速させるための仕様かと思いますが、“バッシュのソールはフラットがベスト”と思っている自分としては、履く前からあまりワクワクしない形状。

それでも球体型ソールは今までにない形状なので期待も少し。

バッシュはプレーしてみなければ分かりませんから、食わず嫌いはダメですね。

それでは機能の細部を見ていきたいと思います。

TRACTION - 7 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

DSC06971

ヒールはオーソドックスなヘリンボーン・パターン。

フォアフットは楕円を中心に、全方向にエッジが効くパターン。

パターンの溝は深く、エッジ一本一本はかなりソフト。


フォアの球体部分は新品の状態だとほとんど変形せず、接地面積が限定され、かなり滑る。

ですが30分くらいプレーすると馴染んできて、適度にグニュッと沈み、しっかりコートを掴みます。

その後、数回の練習では比較的良くグリップしました。

しかしある時から大きくフォアフットが変形するようになり、今度は変形し過ぎで滑るという現象が…。


ラバーは耐久性あるXDRなので剛性は強めなはずですが、体重あるプレイヤーには向かない仕様なのかもしれません。

周りでも軽量プレイヤーは好んで履いていますが、体重あるプレイヤーや身体能力のあるプレイヤーは高確率で不満を持っている模様。

このXDRの粘性は平均より若干低めで、ホコリにも弱いです。

軽量プレイヤー限定になりますが、ソリッドラバーが使われたカラーを購入した方が良いでしょう。

CUSHIONING - 7 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

DSC06972DSC06973 DSC06974

ファイロン・ミッドソールヒール・ズームエアのセットアップ。

インソールはオーソライト製で、薄め。

オーソライトはスポンジのような素材で、最も一般的なインソール素材です。


ファイロンの感触は若干硬めで、それに包まれたズームエアの存在感は弱め。

そのため、衝撃吸収性を発揮するのは球体状のアウトソールの方。

球体部分と、足の高いエッジが体重を掛けると沈むため、平均レベルの衝撃吸収性は確保されています。


フォアフットのシャーシー部分を包むように巻き上がったアウトソールは前作“Kyrie 1”と同様。

ラバー自体がソフトなので、フォアフットの剛性・復元性は前作より弱め。

球体上のソールも沈む分、反発・反応は遅く、ギリギリ平均レベルかと。

COURT FEEL - 7 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

DSC06975

フォア部分の方が球体の分だけ高さがあり、つま先が少し上がり、後傾した状態に。

馴染むと球体部分は沈みますが、それでもフォアの方が高い設計です。

自分の体重(75kg)ですと馴染んだと感じるのは数回のみで、次第に変形は大きくなり、ブレにつながるようになります。

軽量プレイヤーだとこの変形は起きず、ダイレクトな接地感を体験できる可能性が高いようです。

FIT/LOCKDOWN - 9 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

DSC06983DSC06982DSC06979

アッパーはフォア部分はフューズ素材、ヒール部分はニット素材で構成されています。

フューズ素材は前作“Kyrie 1”よりかなりソフトになり、優しい足当たり。

フォア部分のみインナーブーツになっているのは前作同様です。


ヒールカウンターの成型も良く、適度なパディングもあり、カカトの抜け感もなし。

ストラップもしっかり足をロックしてくれます。


ソール形状により、足が後傾してしまう分でマイナスですが、素晴らしいフィット感です。


サイズに関しては、このカラーはEPラストらしく、長さと幅にゆとりあるつくり

通常のナイキサイズを求めるなら海外版がオススメです。

前作“Kyrie 1”より高さは低くなっているので、甲高のプレイヤーは要試着でしょう。

SUPPORT - 8 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

DSC06976

フォアのブレは感じますが、ケガをしそうな感覚ではなく、安定性がまあまあ。

フィット感も良いためサポート性も比較的優秀な部類です。

中足部にはシャンクプレートが内蔵されていますので捻れも起きません。

ヒールカウンターはソフトで低めですが、捻挫癖が無ければ違和感は感じないでしょう。

LATERAL TRANSITION - 7 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

DSC06977

トラクションがホコリに弱いことはマイナスポイント。

軽量プレイヤーであればフォアのブレが起きないのでスムーズな重心移動が可能でしょう。

個人的にはブレが気になって、全力のステップを躊躇してしまいます。

HEEL-TOE TRANSITION - 6 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

DSC06978

つま先が上がった構造は、前後方向の動きでは影響が大きくなります。

足指と指球で、常に球体を掴んでいるような状態になるため、フォアフットのみで動く場合は良いですが、ヒールから入るステップでは重心移動はナチュラルとは言えません。

足のアーチをキープできず、思い通り加速できず…正直プレーしていてストレスを覚えました…。

BREATHABILITY - 7 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

DSC06984

フォアは通気性のないフューズ素材が使われています。

タンとニット素材の足首周りのみが通気します。

ぎりぎり平均レベルの通気性でしょうか。

DURABILITY - 8 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

DSC06985

本来フューズ素材の利点は耐久性ですが、今作は柔らかく前作のカッチリしたフューズより耐久性は下がっています。

特に細いシューレースを勢い良く引っ張ると、シューレースホールが破れる可能性があります。

自分の周りでも2例ほどありましたので、要注意です。

それ以外は、つま先がTPU素材でコーティングされ、捻れや変形も起きにくいつくりなのでトータルの耐久性は平均以上でしょう。

WEIGHT - 8 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

DSC06991

約403g(27.5cm・片足)

※実際に計測した重量です。

Final Conclusion

StephenCurryKyrieIrvingClevelandCavaliersdvnmavoZP0zl

独特なソール形状なので、かなりアグレッシブな機能を想像してましたが、履いてみた感想は普通のバッシュ。

ほぼ普通のバッシュですが気になった点を1つだけ。

球体状のフォアフットのおかげでジャンプシュートは非常に打ちやすい。

球体部分を掴むように指球のアーチが自然と形成され、ほとんど踏み込まなくてもクイックでシュートが打てます。

逆に言えば、このアーチの強制的な固定は動きの中ではストレスなわけですが…。

この辺りはプレースタイルに寄るでしょう。

  • TRACTION - 7/10
  • CUSHIONING - 7/10
  • COURT FEEL - 7/10
  • FIT/LOCKDOWN - 9/10
  • SUPPORT - 8/10
  • LATERAL TRANSITION - 7/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 6/10
  • BREATHABILITY - 7/10
  • DURABILITY - 8/10
  • WEIGHT - 8/10
TOTAL SCORE
B- 74 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS