Adidas D Rose 7(VII) Performance Review

2月 22, 2017
9,193
12
  • テストカラー:Core Black/Scarlet/Core Black(B54133)
  • 主な機能:Full-length Boost, PU Insole, TPU Shank Plate, TPU Internal Heel Counter, TPU External Heel Counter
  • 着用した主なプレイヤー:Derrick Rose, Ricky Rubio
  • 価格:¥22,669(国内)・$140(海外)

Introduction

今回はデリック・ローズの7代目シグネチャー"D Rose 7(VII)"のパフォーマンス・レビューです。

アディダスのバッシュは久々になりますね。

今作もカラーによってアッパー素材が異なり「プライムニット」「メッシュ」の2種類が発売されています。

今回使用したのは「メッシュバージョン」の方です。


ローズシリーズにブーストが搭載されて今作で3作目。

前作"D Rose 6(VI) Boost"「ブーストをどこまで厚く搭載できるか」に挑戦したような仕様。

正直過剰気味なクッションで、トータルスコアも伸び悩みました。

ブーストの衝撃吸収性・足当たりの良さは十分に証明されているので、期待したいのは「接地感」「動きやすさ」の向上です。

それでは早速機能の細部を見ていきたいと思います。

TRACTION - 9 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

少しウェーブしたヘリンボーン・パターンのアウトソール。

ソリッドラバーは薄く、粘性も高め。

フォア部分はラバーが薄く、ブーストがダイレクトに接地するかの様な設計で、かなりソフトな感触。

新品の段階ではソフトさがブレを生み、トラクションにも影響して来ました。

3回目の使用の途中で、ブレはほぼ無くなり、トラクションも改善されました。

ブーストが適度に圧縮されたんだと思われます。

コートを掴むようにしっかり止まります。


パターンは細かく、ホコリには覆われやすい仕様。

ですが、粘性が素晴らしいので、大きく滑ることはなく影響は限定的。

パターンの目がもう少し粗ければパーフェクトでした。

CUSHIONING - 8 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

ミッドソールの全てがブースト・フォームで構成されたクッションセットアップ。

正真正銘のフルレングスで、カカトの端から足指の先までみっちりブーストです。

ブーストはヒールからフォアに掛けて徐々に薄くなってます。


ヒールはシャンクプレートのおかげでしっかりした剛性があり、厚いブーストながら安定性も十分。

フォアはヒールに比べてブーストが薄く、かなりソフトな感触。

適度に圧縮される前はブヨブヨとバランスボールに乗っている様な感覚でしたが、圧縮後は適度な感触になりました。

ブーストの感触は活かしつつ、ブレも生じさせないつくりで、衝撃吸収性はかなり快適、パーフェクトです。


フォアブーストが圧縮するまでの不安定な期間は、反発性は絶望的に弱く感じられました。

体調悪いときに履いた"Nike Zoom Kd 9(IX)"のクッションがちょうどこんな感覚だったかと。


フォアの屈曲部分の剛性はそこそこあるので、ブーストが圧縮された後は悪くない感覚。

平均レベルの反発性は確保されているかと。

ただ、ブースト自体の反発性というのは今作でも感じられず、反発性を生んでいるのは主にシャンクやソールの剛性です。


完全にビッグマン向けのクッションだった前作"D Rose 6 Boost"比べると、格段に履きやすくなりました。
前々作"D Rose 5 Boost"よりは若干サポート寄りで、「過去2作の中間のようなクッション」です。

COURT FEEL - 8 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

ソール形状はフラットで安定性は十分。

ヒールは厚いクッションながら適度な剛性があるため、なかなかダイレクトな接地感があります。

最初は不安定だった薄くてソフトなフォアフットも、ブーストが圧縮されてからは基本快適です。

体調が悪いときは自分の重心がブレているのか、やはり"Nike Zoom Kd 9(IX)"と同じ感覚で、ブーストのソフトさを持て余すことがしばしば…。

それも限定されたシチュエーションで、トータルでは優秀なレベルの接地感が確保されているかと。

FIT/LOCKDOWN - 9 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

アッパーは今流行りのワンピース構造。

フォアフットはメッシュ素材、タンとヒール周りにはネオプレン素材が使われています。

そのワンピース・アッパーのヒールサイドを挟むようにヒールカウンターとシンセティック・レザーの補強パーツが設置されています。


ワンピースですが、履き口はタンの上半分が独立するよう切れ込みが入っていて、普通のバッシュと同じく簡単に着脱可能です。

ネオプレン部分には厚くパディングがあり、足甲への当たりを気にすることなく、タイトにシューレースを締めてもOK。


ローズモデルでは往々にしてヒール周りのパーツがフィット感に干渉して来ましたが、今作ではまったく気にならず快適。

ヒールカウンターの収まりも良く、レザーのパーツもフィット感に干渉しません。


唯一気になったのは「シューレースの最下列とつま先の距離の遠さ」。

フォアフットのフィット感を調節できるよう、距離がもう少し近ければパーフェクトでした。


※サイズ選びについて※

若干長さが長めのつくりですが、基本普段と同じサイズで問題ないでしょう。

足幅が細いプレイヤーはハーフサイズダウンでも良いかもしれません。

SUPPORT - 9 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

フィット感が良く、シューズ全体の安定性、ブレ・捻れ対策、いずれも抜かりありません。

フォアフットのブーストが不安定に感じるのも、かなり限定されたシチュエーションなのでスコアに反映させる必要ないレベル。

サポート性はさすがのローズシリーズと言ったパフォーマンスです。

レビューを書いた時期は冬でしたが、気温が上がってきてから履くとブレが少し大きくなりました。

ケガをしそうな感じはしませんがパーフェクトではない印象なのでスコア修正しました。

 

LATERAL TRANSITION - 7 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

前後方向よりも左右方向に動きやすいように設計されているように感じます。

トラクションが良く、アッパーのブレや捻れも起きないので、スムーズな重心移動が可能。

フォアのソフトさもあまり気になりません。

気温が高い季節ではブレが大きくなり若干遅れが生じます。

それでも比較的動きやすい部類には入ると思います。

HEEL-TOE TRANSITION - 7 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

前後方向の重心移動も基本スムーズ。

フォアの反発・剛性が強くないので、加速する重心移動ではなく、安定した重心移動といった印象です。

BREATHABILITY - 7 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

フォアフットのメッシュ部分はそれなりに通気します。

パディングの厚いネオプレン部分は通気性は限定されますが、吸湿速乾性ある素材なのでそこまで気にならず。

平均レベルの通気性は確保されているように感じます。

DURABILITY - 9 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

けっこう履きましたが、アウトソールのラバーも良くグリップするわりに摩耗せず、フォアのメッシュに履きシワもほとんど付きません。

目立つダメージとしては、ヒールカウンターに少し擦れ痕が付いたくらい。

シューズ全体の剛性も申し分ありません。

フォアの薄いブーストが長期使用でどのくらいクッション性を維持していられるかは未知数ですが、耐久性に関してはほぼパーフェクトと言って良いかと。

WEIGHT - 7 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

約470g(27.5cm・片足)

※実際に計測した重量です。

Final Conclusion

「クッション性」ばかりで「動きやすさ」に欠けていた前作"D Rose 6 Boost"からは大きくバウンスバック。

両者のバランスは大幅に改善されています。

やはりサイズも身体能力も高いローズモデルらしく、クッションは平均よりは厚めで、重量もある作り。

軽量プレイヤーよりは、ある程度以上の体重・体格のあるプレイヤーに好まれるパフォーマンスでしょう。

  • TRACTION - 9/10
  • CUSHIONING - 8/10
  • COURT FEEL - 8/10
  • FIT/LOCKDOWN - 9/10
  • SUPPORT - 9/10
  • LATERAL TRANSITION - 7/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 7/10
  • BREATHABILITY - 7/10
  • DURABILITY - 9/10
  • WEIGHT - 7/10
TOTAL SCORE
B 80 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS