Nike Hyperchase EP Performance Review

2月 22, 2016
3,281
0
  • テストカラー:Black/Grey/Matallic Silver(705364-002)
  • 主な機能:Hyperfuse Technology, Dynamic Flywire, Inner Bootie(Forefoot Only), Polyurethane Drop-in Midsole, TPU Internal Heel Counter, Phylon External Heel Counter
  • 着用した主なプレイヤー:James Harden, Paul George, Andre Iguodala, Jarrett Jack, Paul Millsap
  • 価格:¥13,824(国内)・$100(海外)

Introduction

今回は“Hyperchase EP”のレビューです。

前回の“Zoom Crusader”に続き、これもローカットモデルです。

ジェームズ・ハーデンが2014-15シーズン中は結構な頻度で着用していましたね。

早速、機能の細部を見ていきたいと思います。

TRACTION - 9 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

DSC05802六角形の突起が並んだソールパターン。

ラバーは硬めで、粘性も通常レベル。

それでもこのソール、ピタッと止まります。

理由は小さい突起に細かく入ったグリッド。

グリッドのおかげで突起が柔らかくコートを掴み、全方向へ素晴らしくグリップします。
ほこりの多いコートでもたまに拭いてやる程度で、グリップ性能は維持されます。

CUSHIONING - 8 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

DSC05807ポリウレタン製のドロップイン・ミッドソールと、その下に極薄くファイロンが敷かれたクッションセットアップ。

ドロップイン・ミッドソールはインサートと呼ばれたりもしますね。


この構造は“Kobe IX”“Lebron XI”と同様。

今まで使われていた素材はルナロンばかりで、ポリウレタン製は初めてかと。

ルナロンの柔らかくマシュマロのようなクッションに比べて、このポリウレタンは硬めで弾力のあるラバーのような感触。


硬いながら衝撃吸収性は悪くなく、着地や強いステップでも足に痛みはありません。

またソール自体はしなやかですが、ポリウレタンの剛性と反応速度は素晴らしい。

予想に反して、反発性はしっかりしています。

個人的には、ルナロンよりポリウレタンの方が好みですね。

圧倒的に快適にプレーできます。

COURT FEEL - 9 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

DSC05813ドロップイン・ミッドソールは厚さ自体はコービーシリーズのルナロンと変わりません。
ですが、ポリウレタンはほとんど沈まないため、物理的にコートと距離のあるセットアップ。

アウトソールも通常レベルの厚さです。

それでも硬いポリウレタンは重心を捉えやすく、なかなかの接地感があります。

つま先が反った形状のアウトソールも少し体重を掛けるだけで、ほぼフラットに変形することも接地感にはプラスです。

FIT/LOCKDOWN - 10 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

DSC05883マイクロメッシュのオーバーレイに、フォアフットのみインナーブーツになった構造。

シューレース・ホールは“Air Jordan Future”“Air Footscape”のように斜め並んでいます。


アッパー全体はスリムなシルエット。

これが足型にぴったりだったのか、フィット感はパーフェクト。

パディングは履き口にわずかに入っているだけにもかかわらず、です。

マイクロメッシュの足当たりも優しくストレスありません。

アッパーのフィットが完璧なので、かなりローカットな足首形状ながら、カカトが抜ける感覚は全くありませんでした。


サイズに関しては、この幅広のEP(Engineered Performance)でも長さ・幅ともに若干小さめ。

通常のナイキサイズからハーフサイズアップを検討しても良いでしょう。

要試着モデルです。

SUPPORT - 6 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

DSC05811フィット感が良ければサポート性も良いことがほとんどですが、このモデルは例外です。
ヒールカウンターはTPU製のインターナル(内蔵型)とファイロン製のエクスターナル(外付け)の2種類あるので、サポート性は一見問題無さそうです。

実際は、アウトソールがスリムな作りのため、特にヒール側の安定性が微妙です。

ドロップイン・ミッドソールが沈まないことも、シューズ内で足の位置が高くなり、サポート性にはマイナス。

足首の弱いプレイヤーは絶対に避けた方が良いでしょう。

LATERAL TRANSITION - 8 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

DSC05813軽量でグリップ性、リアクションが素晴らしく、またソールがスリムなことで重心移動がコンパクトに行えます。

シャンクプレートがなく、左右に強くステップする時の捻れが心配されましたが、ドロップイン・ミッドソールのポリウレタンの剛性により捻れは最小限に抑えられています。

HEEL-TOE TRANSITION - 9 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

DSC05809非常にナチュラルでスムーズな重心移動が可能です。

ソールはしっかりコートを捉えつつ、ポリウレタンの剛性が適度に重心移動を加速してくれます。

BREATHABILITY - 10 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

DSC05812フォアフットのインナーブーツもタンも薄い素材が使われています。

マイクロメッシュはメッシュ地が裏張りしてありますが、こちらも非常に薄い。

足首もローカットの中でも低めの構造であることも通気性にはプラス。

通気性はパーフェクトです。

DURABILITY - 5 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

DSC05808このモデルの残念なポイントです。

つま先がTPU素材でコーティングされているくらいで、それ以外に補強は特になし。

このマイクロメッシュの正確な耐久度は長期使ってみないと分かりませんが、通常のバッシュよりは明らかに耐久度は劣るつくりかと思います。

勝負靴として履くより、練習用のローテーションの1つとして使うのが良いでしょう。

WEIGHT - 9 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

DSC05814約355g(27.5cm・片足)

※実際に計測した重量です。

Final Conclusion

“柔らかいアッパーにドロップイン・ミッドソールが入り、シャンクプレートはなし。”


これは自分には合わなかった“Kobe IX EM”と同じ構成。

なので全く期待していないモデルでしたが、予想外の高パフォーマンス。

特にポリウレタン製ドロップイン・ミッドソールの反応速度はかなり気に入りました。

今後このポリウレタンを使ったバッシュの展開をもっと見てみたいですね。


バッシュの機能については以上で、少しジェームズ・ハーデンについて。

この“Hyperchase”Zoom Run The One”・“Zoom Crusader”と並んでジェームズ・ハーデンの愛用モデル。

シグネチャーではありませんが、ハーデンのイニシャル“H”のロゴが入ったPEバージョンが発売されたり、ほぼシグネチャー扱い。

2015-16シーズンからいよいよ本格的なシグネチャー発売か?と期待されましたが、オフシーズンにナイキを抜け、アディダスと契約しました。

カニエ・ウェストYeezyのデザインを自由にさせてもらえないことを理由に、ナイキからアディダスに移ったように、ハーデンも何か不満があったのかもしれませんね。

契約内容は13年間・2億ドル(約240億円)と破格の内容ですが、ナイキに出せない額ではないですし。


しかも、このオフの時点ではコービーの引退発表はまだでしたが、引退が迫っていることは間違いない状況でした。

同じローカットのハーデン・シリーズを始めるタイミングとしてはベストだったんじゃないかなあ、と思うわけです。

逃した魚は大きかった…となるかもしれないですね。

Feb 20, 2015; Dallas, TX, USA; Houston Rockets guard James Harden (13) during the game against the Dallas Mavericks at American Airlines Center. Mandatory Credit: Kevin Jairaj-USA TODAY Sports

  • TRACTION - 9/10
  • CUSHIONING - 8/10
  • COURT FEEL - 9/10
  • FIT/LOCKDOWN - 10/10
  • SUPPORT - 6/10
  • LATERAL TRANSITION - 8/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 9/10
  • BREATHABILITY - 10/10
  • DURABILITY - 5/10
  • WEIGHT - 9/10
TOTAL SCORE
B+ 83 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS