Adidas Crazy 1(The Kobe 1) Performance Review

7月 26, 2016
4,327
0
  • テストカラー:Playoffs(G99416)
  • 主な機能:TPU Internal Heel Counter, TPU External Heel Counter, Torsion System, EVA Midsole, PU Insole
  • 着用した主なプレイヤー:Kobe Bryant、James Harden, Nick Young, Iman Shumpert, Damian Lillard, Nicolas Batum, Robin Lopez, John Wall, Avery Bradley, Kenneth Faried
  • 価格:¥14,040(国内)・$125(海外)

Introduction

Adidas-Kobe-1

今回のレビューはアディダス時代のコービーの5thシグネチャー

使用したのは2013年の復刻です。


オリジナルは“The Kobe 1”として1999年に発売され、コービーはそのシーズンNBA初優勝を成し遂げました。

1とタイトルにありますが、これ以前に“Elevation”・“KB8”・“KB8 II(2)”・“KB8 III(3)”と彼のシグネチャーは展開されています。

アッパーは近未来的なデザインで、ドイツの自動車メーカー“Audi(アウディ)”がモチーフ。

また、当時ナイキが始めたフォームポジットシリーズにアディダスが対抗しようとしたのも、このかなり攻めたデザインになった一因でした。


現在ナイキ契約下にあるコービーの名前は使えないので、アディダスはクレイジーシリーズとして彼のモデルを近年復刻しています。

復刻されてからNBA選手の着用も結構多いこのモデル、実際のパフォーマンスはどうなのか?

機能の細部を見ていきたいと思います。

TRACTION - 9 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

DSC06893

前後方向のヘリンボーンパターンが全面に施されたアウトソール。

オリジナルはもう少し波打ったウェーブ状のパターンでしたので、少し変更が見られます。


ソール形状は完全にフラットで、中足部は浮いていますが接地面積はかなり広め。

ラバーは適度に柔らかく、粘性も高め。

キュッと音はあまりならないタイプのラバーです。


ホコリにも比較的強く、たまに拭いてやる程度でパフォーマンスは維持されます。

CUSHIONING - 9 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

DSC06894

EVA製ミッドソールと、ポリウレタン製インソールのクッション・セットアップ。

オリジナルではフォアフットにアディプリーン・プラスが入ってましたが、復刻ではEVAのみに。

EVAは硬めの感触ですが、ポリウレタン製のインソールのおかげで足裏の当たりはある程度緩和され、平均レベルの衝撃吸収性は確保されているかと。


反発性については好みが分かれるでしょう。

フォアフット含めシューズ全体の剛性はかなり強力。

体重が軽いプレイヤーや、しなやかなバッシュを好むプレイヤーは避けた方が良いかもしれません。

強力ですが、スムーズな動きを妨げず、ナチュラルに加速してくれます。

個人的にはかなり好みの感触で、反発性はパーフェクトです。

COURT FEEL - 9 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

DSC06898

クッションは硬めですが、厚過ぎることはなく、フラットなソールも手伝って、動きの中でも接地感は安定しています。

ポリウレタン製インソールのアーチサポートも快適です。

FIT/LOCKDOWN - 10 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

DSC06897

オリジナルはフォームポジットに対抗して発売した今作ですが、アッパーに特殊な素材は使われておらず、シンセティック・レザーもしくはメッシュに、パディングを入れた構造。

このプレイオフカラーの素材はメッシュです。

全体にパディングが入っていますが、足首の両サイドには分厚い追加クッションが設置され、タンも分厚い。

とにかくパディング、パディング、パディング…。

シューレースをかなりタイトに締めてもストレスはまったく感じず、大量のパディングが足をしっかり包みます。

ヒールの収まりも良好。

シューズを自分の足の延長に感じるほど、素晴らしいフィット感です。


唯一ストレスを感じる可能性のある箇所としては、つま先のラバー製トゥーガード

特にシューズを大きめのサイズで履くプレイヤーは、シューズ内で足がスライドして、指先がトゥーガードに当たる可能性がありますので要注意です。

SUPPORT - 9 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

DSC06900

アウトソールはフラットで面積も大きく、安定性は文句なし。

トルションがシャンクプレートとして入っていて捻れも全く起きません。

ヒール周りのブレも全く感じません。

しなやかなバッシュに慣れているプレイヤーだと、シューズの剛性があり過ぎて違和感を感じるかもしれません。

それでもトータルのサポート性はかなり高めです。

LATERAL TRANSITION - 10 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

DSC06901

トラクション、剛性、フィット感のすべてが素晴らしいため、トランジションもスムーズ且つアグレッシブ。

バッシュに全体重を預けて、全力で動けます。

HEEL-TOE TRANSITION - 10 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

DSC06902

“Lateral Transition”同様の素晴らしい感覚。

容赦なく全力で動けます。

BREATHABILITY - 6 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

DSC06903

このプレイオフカラーのアッパーはメッシュなので、いくらか通気します。

それでもパディングが分厚いので平均以下の通気性でしょう。

このカラー以外はアッパーにシンセティック・レザーを使っていて、更に通気性は悪くなります。

スコアにすると“4”くらいでしょうか。

通気性を気にするならこのプレイオフカラーがオススメです。

DURABILITY - 10 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

DSC06904

シューズは変形せず、EVAもそうそうヘタる事は無さそうです。

シューズの接着に関しても、かなり丁寧に仕上げられています。

耐久性は最高レベルかと。

敢えてマイナスポイントを挙げるなら、アッパーに履きシワが入りやすい事とトゥーガードに擦れ痕が付きやすい事くらいでしょう。

WEIGHT - 9 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

DSC06905

約406g(27.5cm・片足)

※実際に計測した重量です。

Final Conclusion

crazy1-630x846 (1) lebron-adidas-crazy-1

先日の“Air Jordan XI(11) Retro Low-Patent Leather Version”と並んで、歴代最高スコアになりました。

シューズが足の延長のように感じられ、プレー中は履いている事を忘れています。

容赦なく全力で動け、プレーに集中できます。


通気性以外は本当に素晴らしいパフォーマンス。

強くオススメできるモデルです。

  • TRACTION - 9/10
  • CUSHIONING - 9/10
  • COURT FEEL - 9/10
  • FIT/LOCKDOWN - 10/10
  • SUPPORT - 9/10
  • LATERAL TRANSITION - 10/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 10/10
  • BREATHABILITY - 6/10
  • DURABILITY - 10/10
  • WEIGHT - 9/10
TOTAL SCORE
A 91 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS