Nike Hyperlive EP Performance Review

7月 26, 2016
9,955
7
  • テストカラー:Black/Metallic Silver(820284-001)
  • 主な機能:Hyperfuse Technology, Inner Bootie(Forefoot Only), Polyurethane Drop-in Midsole, TPU Internal Heel Counter, Phylon Midsole
  • 着用した主なプレイヤー:Paul George, Andre Iguodala, Isaiah Thomas, Al-Farouq Aminu, Langston Galloway
  • 価格:¥14,040(国内)・$100(海外)

Introduction

INDIANAPOLIS, IN - FEBRUARY 24: Paul George #13 of the Indiana Pacers shoots against Arron Afflalo #4 of the New York Knicks during the game on February 24, 2016 at Bankers Life Fieldhouse in Indianapolis, Indiana. NOTE TO USER: User expressly acknowledges and agrees that, by downloading and or using this Photograph, user is consenting to the terms and conditions of the Getty Images License Agreement. Mandatory Copyright Notice: Copyright 2016 NBAE (Photo by Rob Hoskins/NBAE via Getty Images)今回は"Hyperchase”の後継モデル“ハイパーライブ”のパフォーマンスレビューです。

公式サイトではハイパーリブと掲載されていたり、黒タグにはハイパーライブと記載されていたりで、
タイトルがはっきりしない今作ですが、Asterkicksではハイパーライブで行きたいと思います。

"Hyperchase”は予想以上の高パフォーマンスだったので今作も期待しての購入です。

基本構成は変わらずローカットのアッパーとポリウレタン製ドロップイン・ミッドソールのセットアップ。


同じ部分は割愛しながら機能の細部を見ていきたいと思います。

TRACTION - 10 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

DSC06949

小さな六角形のポッドが並び、各ポッドには全方向にグリップが効くようグリッドが入っています。

前作と全く同じです。

ラバーは耐久性あるXDR(Extra Durable Rubber)です。

相変わらず硬めですが、粘性は若干上がっているように感じます。

ホコリにも強くピタッと止まる素晴らしいトラクションです。

CUSHIONING - 8 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

DSC06950 DSC06952

ポリウレタン製ドロップイン・ミッドソールは前作と全く同じ厚さ・感触です。

ポリウレタンの下には薄くファイロンが敷かれ、シャーシー部分もファイロンで覆われている構造も前作と同様。

パフォーマンスも全く同じ。

衝撃吸収性は通常レベルのポリウレタンですが、反発性・反応は素晴らしくかなり快適です。

COURT FEEL - 10 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

DSC06957

ポリウレタンはほとんど沈まないので、物理的にはコートと距離はあります。

沈まない分、コート感覚もダイレクトに足裏で感じられます。

アウトソールの形状は、前作よりもフラットになっている点は大きなプラス。

硬めのクッションが苦手なプレイヤーは少し違う、場合によっては痛いと感じるかもしれませんが、個人的にはパーフェクトな接地感です。

FIT/LOCKDOWN - 10 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

DSC06955

貼り合わせたソフトなメッシュ素材をフューズ素材でコーティングしたアッパー。

また、フォアフットのみメッシュ素材のインナーブーツ仕様になっています。

シューレースのホールカットは前作同様、左右非対称に斜めにカットされています。


素材は前作と異なりますが、変わらず素晴らしいフィット感。

ポリウレタンの成型と足のアーチも違和感ありません。

アーチは個人差があるので、ポリウレタンが初めての場合は試着してからの購入が良いでしょう。


サイズに関しても、要試着モデルです。

着用したのはアジア人向けの幅広ラストのEPバージョンですが、作りは小さめ。

海外版との差もほとんど無いように感じました。

基本通常のサイズからハーフサイズアップは必須です。

また前作"Hyperchase”と比較しても、今作のほうが若干小さい作りです。

SUPPORT - 7 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

DSC06958

ポリウレタンはほとんど沈まないので、ローカットバッシュの中でも比較的足首の位置は高くなる設計は相変わらず。

位置の高さはありますが、今作ではよりフラットになったアウトソールのおかげで安定性は増し、トータルで平均レベルのサポート性は確保されているかと。

前作の欠点をしっかり修正してきています。

LATERAL TRANSITION - 8 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

DSC06960

スリムなソールは重心移動がコンパクトに行えます。

ポリウレタンは剛性があるのでシャンクプレートの代わりに捻れを抑止し、切り返しをサポートします。

アッパーはソフトですが、大きくブレる事はないので平均以上の動きやすさです。

HEEL-TOE TRANSITION - 9 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

DSC06961

前作に比べソールがフラットになったので、前後方向のトランジションは好みが分かれる仕様かもしれません。

個人的にはフラットになったことにより、よりナチュラルでスムーズな重心移動が可能になったと感じます。

ヒールの抜け感もなく、快適です。

BREATHABILITY - 9 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

DSC06963

アッパーを構成する複数の張り合わせた素材のうち、一番内側の生地が思いのほか通気しません。

また前作よりフューズ素材でのコーティングが多くなっています。

それでもかなりの通気性はありますが、満点まではあと一歩と言った印象です。

DURABILITY - 7 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

DSC06964

前述のとおりアッパーのコーティングは多くなり、負荷の掛かる小指部分のミッドソールは巻き上がり、だいぶ強度が考慮された設計になっています。

平均レベルの耐久性は確保されているでしょう。

WEIGHT - 9 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

DSC06965

約354g(27.5cm・片足)

※実際に計測した重量です。

Final Conclusion

ORLANDO, FL - FEBRUARY 21: Paul George #13 of the Indiana Pacers handles the ball against the Orlando Magic  on February 21, 2016 at the Amway Center in Orlando, Florida. NOTE TO USER: User expressly acknowledges and agrees that, by downloading and or using this Photograph, user is consenting to the terms and conditions of the Getty Images License Agreement. Mandatory Copyright Notice: Copyright 2016 NBAE (Photo by Fernando Medina/NBAE via Getty Images)

なかなかのハイスコアになりました。

やはりこのポリウレタンは反応・反発が良く好みですね。


ドロップイン形式は構成パーツが少ないだけに、細かい部分がパフォーマンスに大きく影響してきます。

そんな中で前作“Hyperchase”で違和感があった部分を、ほぼすべて修正・アップグレードされているのもかなり好印象。


発売から間もないのにアウトレット価格で販売しているショップもちらほら。

コストパフォーマンスは2015-16シーズンのバッシュではベストかと。

  • TRACTION - 10/10
  • CUSHIONING - 8/10
  • COURT FEEL - 10/10
  • FIT/LOCKDOWN - 10/10
  • SUPPORT - 7/10
  • LATERAL TRANSITION - 8/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 9/10
  • BREATHABILITY - 9/10
  • DURABILITY - 7/10
  • WEIGHT - 9/10
TOTAL SCORE
A- 87 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS