Nike Hyperdunk 2015 EP Performance Review

3月 9, 2016
7,111
0
  • テストカラー:Bright Crimson/Black(749562-600)
  • 主な機能:Flywire Technology, Hyperfuse Technology, Heel Zoom Air Unit, Forefoot Zoom Air Unit, Phylon Midsole, Inner Bootie(Forefoot Only)
  • 着用した主なプレイヤー:Kevin Love, Rudy Gay, Pau Gasol, Marc Gasol, Tyson Chandler
  • 価格:¥17280(国内)・$140(海外)

Introduction

今回は“Hyperdunk 2015 EP”のパフォーマンス・レビューです。

前作に引き続き、ラストの広いEPバージョンを試しました。


見た目はヒールが張り出した、なかなか大胆なシルエット。

デザイナーのレオ・チャン曰く、バック・トゥー・ザ・フューチャーの“Air Mag”からインスパイアされた未来的デザイン、との事。

まあ、ハイパーダンク初代が“Air Mag”のインスピレーションからデザインされているので、シリーズとしては特に目新しいわけではありませんね。

 

広告塔は開放骨折から復活したペイサーズのポール・ジョージ

彼が主に履いているのはローカットですが、MVP級のスタッツを残しています。

個人的に好きなプレイヤーなのでこの活躍は嬉しいですね。

そのパフォーマンスを支えるバッシュにも期待できそうです。

それでは機能の細部を見ていきたいと思います。


前作“Hyperdunk 2014 EP”のパフォーマンス・レビューはこちら

1hyperdunk15

TRACTION - 9 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

DSC05916

DSC05918

アウトソールはオーソドックスなヘリンボーンパターンとピボット・サークルの組み合わせ。

小指のエッジ部分と土踏まず部分は、ファイロン・ミッドソールが接地する構造。

ラバーは硬めで、粘性はなかなか優秀。

ラバー部分もファイロン部分も、ホコリに比較的強く、たまに拭けばしばらくグリップ性が持続します。


このミッドソールが底面まで伸びて接地する構造は“Zoom Hyperrev”“Zoom Hyperrev 2015”でも使われていますが、最初見た時は設計ミスなんじゃないかと疑いました。

ミッドソールがグリップするなんて想像もしませんでしたから…。

使ってみると違和感ないどころが良くグリップするので驚きです。


この構造の導入によって、ソール周りの軽量化はかなり加速するでしょう。

最近発売された“Air Force 1 Ultra Flyknit”では既にアウトソールのほぼ全面がファイロンに。

手に取ってみましたが、エアフォースとは思えないフワフワした軽さでした。

このモデルのようにファイロン・アウトソールをフルレングスにした場合、バッシュとしての耐久性は未知数ですが…その可能性には期待せずにはいられないですね。

flyknit1

flyknit2

CUSHIONING - 7 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

 

DSC05919

DSC05920

クッショニングは“Zoom Hyperdunk 2011”以来のルナロンからズームエアへの回帰。

ミッドソールはやや硬めのファイロン製です。

ファイロンフォームはみっちりと密度が高く、それに包まれたズームエアの感触は残念ながらありません。

ズームエアのプニプニした感触を期待するとガッカリしますが、ファイロンの足当たりは悪くなく、平均レベルの衝撃吸収性は確保されています。

フォアフットの剛性・復元性も平均レベルで、反発性も普通です。

COURT FEEL - 8 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

DSC05922

アウトソールはフラットに近い形状で、土踏まず部分もしっかり接地。

ファイロンが厚い割にはなかなかの接地感があります。

FIT/LOCKDOWN - 5 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

DSC05941フューズ素材のアッパーにフライワイヤーと、これもオーソドックスなセットアップ。

フォアフット部分のみ、タンから繋がったインナーブーツ構造になっています。


まずはこのEPバージョンのサイズ感から。

作りは甲の高さ以外大きめで、通常のナイキサイズからハーフサイズダウンで丁度良かったです。

甲の高さは通常なので、甲高のプレイヤーにはサイズ選びが難しいモデルかと。


肝心のフィット感は、フォア部分は良好。

インナーブーツとフライワイヤーでカチッと足にフィットします。

ヒール部分は張り出したミッドソールに、独特のハイカット形状と、見た目からして履く人を選びそうな印象。

案の定と言いますか、自分も例外ではなかったようです。

ハイカットの部分は適度にパディングがあり、特に違和感なし。

問題になったのは後方へ張り出し、巻き上がった黒いミッドソールの部分。

何故かカカトの骨が収まる底面近くの側面にはまったくパディングがなく、ガンガンと足が巻き上がった部分に当たる設計になっています。

正直、この構造には欠陥があると言わざるを得ず…これで妥当な評価だと思います。

SUPPORT - 7 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

DSC05927フラットに近い形状のアウトソールは安定性は優秀。

TPU製インターナル・ヒールカウンターと、巻き上がったミッドソールとアウトソールでしっかり足首のブレを防止。

中足部にはTPU製プレートが内蔵されており、シューズの捻れもしっかり防止。

ハイカット部分は特に補強パーツはなく、サポート効果は薄そうですが、トータルのサポート性は優秀です。

もし足型が合えばサポート性は満点でしょう。

自分は足型が合わず、毎回カカトに靴擦れが起きるのでスコアは大きくマイナスになりました。

LATERAL TRANSITION - 6 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

DSC05928カカトからステップに入る度に痛みがありますが、シューズ自体の反応は悪くありません。

トラクションも良く、シューズ自体にブレもないため、痛みが無ければスコアは“8/10”でした。

HEEL-TOE TRANSITION - 6 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

DSC05929縦方向への重心移動も、特に加速してくれる感覚はありませんが概ねスムーズ。

こちらも痛みが無ければスコアは“8/10”と平均以上になっていたでしょう。

BREATHABILITY - 7 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

DSC05930アッパーの素材は薄いですが、ほぼ通気性のないフューズ素材を全体に使っているため、通気箇所はタン部分のみ。

ギリギリ平均レベルの通気性かと。

DURABILITY - 8 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

DSC05933ソール周りは厚く頑健で、ズームエアにも負荷が掛かりにくい構造のため、耐久性は高そうです。

アッパーは薄いですが、負荷の掛かるつま先と小指周りのアッパー、シューレース・ループ周りはTPU素材でコーティング。

平均以上の耐久性は確保されているように感じます。

WEIGHT - 8 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

DSC05934約401g(27.5cm・片足)

※実際に計測した重量です。

Final Conclusion

2008年の登場以来、安定したパフォーマンスを提供し続けてきたハイパーダンクシリーズですが、今回は残念な結果になりました。

ヒール周りのフィットの悪さ、無意味にハイカットな足首部分と、見ためにインパクトあるパーツたちが、肝心の機能を伴っていません。

NBA選手の着用率が低いのも頷けます。

アウトレット価格で出回っていますが、それでもあまりオススメはしませんね。

同じハイパーダンクなら前作“Hyperdunk 2014”もまだ手に入りますので、こちらの方が断然良いかと思います。

NBA-Kicks-2015-10-30-Kevin-Love-Nike-Hyperdunk-2015

  • TRACTION - 9/10
  • CUSHIONING - 7/10
  • COURT FEEL - 8/10
  • FIT/LOCKDOWN - 5/10
  • SUPPORT - 7/10
  • LATERAL TRANSITION - 6/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 6/10
  • BREATHABILITY - 7/10
  • DURABILITY - 8/10
  • WEIGHT - 8/10
TOTAL SCORE
B- 71 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS