Nike Hypershift Performance Review

5月 20, 2017
8,357
8
  • テストカラー:Black/White-Anthracite(844369-020)
  • 主な機能:Hyperfuse, Dynamic Flywire, Inner Bootie, Forefoot Zoom Air, Phylon Midsole, TPU Shank Plate, TPU Internal Heel Counter
  • 着用した主なプレイヤー:John Wall, Isaiah Thomas, DeMarcus Cousins, Devin Booker, Nik Stauskas, Dario Saric, Zach LaVine, Clint Capela, Gerald Green
  • 価格:¥13,500(国内)・$100(海外)

Introduction

今回は"Hypershift(ハイパーシフト)"のパフォーマンス・レビューです。

幅広ラストの「EPバージョン」と、通常ラストの「レギュラーバージョン」のどちらも国内発売があり、今回購入したのは「レギュラーバージョン」の方。

NBAではジョン・ウォールアイザイア・トーマスなどガードを中心に着用が目立ちます。

見た目はかなりシンプルで動きやすそうな印象です。

早速細部を見ていきたいと思います。

TRACTION - 9 / 10

【Traction (トラクション) 】
コートをグリップする性能。 良くグリップするほど高評価。

細長い四角形の粒状の突起が並んだアウトソール。

アウトソールは人間の足裏を模した形状で、セクションごとに絶妙な傾斜が付けられています。

ソリッドラバーも薄く、非常にしなやかで、体重を掛けると素足で立っているかのようなナチュラルなコート感覚。

フォア部分のアウトソールは巻き上がっていて、シャンクプレートも入っているため、シューズ全体の剛性は弱くなく、急ストップでも大きく変形しません。

私よりも体重のあるプレイヤーだと違ってくるかもしれませんが、75kgでは接地面積が限定されることなくしっかりグリップしてくれました。

唯一惜しいのはパターンが細かく浅いため、ホコリの多いコートでは頻繁に拭く必要がある事。

綺麗なコートであれば素晴らしくグリップします。

CUSHIONING - 7 / 10

【Cushioning (クッショニング)】
「衝撃吸収性能」/「反発性能」。 両性能を合わせて総合的に評価。

見た目はドロップイン・ミッドソールが入っていそうなミニマル系のシルエット。

実際は通常のセットアップで、ファイロン・ミッドソールのフォアフット上面にズームエアが埋め込まれています。

ファイロンの密度は高めながらモッチリした弾力性があるため、ズームエアは良い意味で存在感がありません。

足型を模したアウトソールと合わさり、かなり気持ちの良いライディング。

気持ち良いですが、クッションの薄さとしては必要最低限レベル。

体重があるプレイヤーや、衝撃吸収性を期待するプレイヤーには向かない仕様かと。


シューズ全体の剛性は平均以上のレベルが確保されています。

薄いクッションを十分に感じられるプレイヤーなら、反発性も同じく快適に感じられるでしょう。

COURT FEEL - 10 / 10

【Court Feel (コート・フィール)】
コートに対する接地感覚。 コートを近く感じれるほど高評価。

「素足感覚」とか「足の延長」といった表現がピッタリです。

今まで履いたバッシュの中でもトップクラスの接地感。

もちろんパーフェクトスコアです。

FIT/LOCKDOWN - 8 / 10

【Fit/Lockdown (フィット/ロックダウン)】
足に対するフィット性能。 足と一体感があるバッシュほど高評価。

ネオプレン素材のインナーブーツの表面にメッシュ素材を合わせた2層構造のワンピースアッパー。

履き口は狭めですが、ネオプレン素材には伸縮性があり、タンとヒールのタブを掴めば簡単に足入れ可能です。

全体的に薄いアッパーですが、足甲部分にはモッチリしたパディングが入っているため、シューレースの足当たりも気になりません。

ヒールカウンターの成型も良く、カカトの収まりも良好。

接地感に続き、フィット感も自分の足の延長に感じるレベルに快適です。


それでもマイナス2ポイントしたのは、ロックダウンの弱さ故。

伸縮性あるワンピースアッパーは足当たりの良さを提供してくれる代わりに、ロックダウンが犠牲になっています。

シューレースを限界までタイトに締めても、急なストップでは抑えが足りず、巻き上がったアウトソールにつま先がガンガンとぶつかります。

その対策なのか、シューレース最上段のフライワイヤーはヒールまで繋がっていますが、不十分な印象。

最初は「自分の体重がこのバッシュを履くには重すぎるのでは?」と思っていましたが周りの体重が軽いプレイヤーでも同じ現象が起きていました。

この解決策は「ジャストサイズで履かない事」かと。

友人のハーフサイズアップの28.0cmを試しに履かせてもらったら快適にプレー出来ました。

ともあれロックダウンには注意が必要なモデルです。


※サイズ選びについて※

今回使用したのは通常ラストの「レギュラーバージョン」です。

ソール自体の幅は若干広め。加えて前述の様にアッパーの伸縮性によりロックダウンが甘いです。

つま先にスペースをほとんど空けずにジャストサイズで着用されたい方は購入前の試着を強くオススメします。

普段からつま先に余裕を空けて着用されるプレイヤーは普段のサイズと同じで良いかもしれません。

SUPPORT - 6 / 10

【Support (サポート) 】
怪我を防止するサポート性能。 安定感があり、左右のブレ・捻れがないほど高評価。

ソール自体はコートに張り付く感覚で、クッションも薄いため安定性は十分。

シャンクプレートのおかげで捻れ剛性もしっかりしています。

一方、アッパーは伸縮性があるため、気付かないレベルのブレが起こっているようで、練習後には足首が痛みました。

ヒールカウンターは低めで、パーツとしても小さく、トータルのサポート性は平均に届かないレベルかと。

捻挫癖のあるプレイヤーは避けた方が良いです。

またジャストサイズで履きたい私としては、つま先がぶつかって痛む可能性があるのもマイナスポイントです。

LATERAL TRANSITION - 9 / 10

【Lateral Transition (ラテラル・トランジション) 】
左右方向への動きのスムーズさ。 スライドやクロスオーバー時など横方向へ動きやすいほど高評価。

左右方向の重心移動はなかなかスムーズ。

練習後に足首が痛むのでマイナス1ポイントですが、プレー中はアッパーのブレは気になりませんでした。

HEEL-TOE TRANSITION - 7 / 10

【Heel-toe Transition (ヒール/トゥー・トランジション) 】
縦方向への動きのスムーズさ。 通常のランニング、カットイン時など前方向へ動きやすいほど高評価。

70%程度のスピードまでならスムーズで快適。

そのままトップスピードに乗りたいところですが、つま先が痛むのが分かっているので躊躇してしまいます。

ソールの剛性はほぼ平均レベルなので、個人的には加速も少し物足りなく感じました。

つま先に余裕を持たせたサイズを選び、より軽量なプレイヤーであれば、スコア以上のパフォーマンスを期待できるでしょう。

BREATHABILITY - 9 / 10

【Breathability (ブレイザビリティ) 】
通気性能。 通気が良いほど高評価。

どちらも吸湿速乾性のあるネオプレン素材とメッシュ素材の2重構造。

2重構造で、タン部分にも厚みがあるため、いかにも通気性高そうな見た目より実際のパフォーマンスは若干落ちます。

それでも足を覆う箇所の少ないローカットなので、優秀なレベルの通気性は確保されています。

DURABILITY - 7 / 10

【Durability (デュラビリティ) 】
耐久性能。 耐久性が良いほど高評価。

購入前から一番心配していたのがこの耐久性の項目。

バスケ以外にも、フットワークやプライオメトリクスなどトレーニングでも使い、けっこうな負荷を掛けましたが、予想以上にタフでした。

平均レベルの耐久性は確保されている感覚です。

ただし、足幅や高さが合わない状態で着用すると、伸縮性あるアッパーの耐久性は一気に下がる可能性があります。

耐久性を確保する意味でも購入前の試着は必要なモデルでしょう。

WEIGHT - 10 / 10

【Weight (ウェイト) 】
バッシュの片足の重さ。 軽いほど高評価。

約342g(27.5cm・片足)

※実際に計測した重量です。

Final Conclusion

良い部分は飛び抜けて良いのでトータルスコアは比較的高めになりました。

ただし、その良い部分を生かすために犠牲になっている部分も多く、バッシュのどの部分に拘りがあるかで実際に体感するパフォーマンスには大きな差が出るバッシュです。

全体としては体重が軽い、ガード系のプレイヤーに向けた仕様と言って良いでしょう。

体重に関わらず、ジャストサイズでは履かずに「つま先に少し余裕を持たせて履く」のは必須かと思います。

私もハーフサイズ上の28.0cmを友人に履かせてもらいましたが、練習用のローテーションの1足としては十分なパフォーマンスに感じました。

27.5cmは練習するたびに足の爪の内出血が増えるので、誰か別の方に譲りたいと思います。

  • TRACTION - 9/10
  • CUSHIONING - 7/10
  • COURT FEEL - 10/10
  • FIT/LOCKDOWN - 8/10
  • SUPPORT - 6/10
  • LATERAL TRANSITION - 9/10
  • HEEL-TOE TRANSITION - 7/10
  • BREATHABILITY - 9/10
  • DURABILITY - 7/10
  • WEIGHT - 10/10
TOTAL SCORE
B+ 82 / 100

PERFORMANCE RANKING

Popular Posts

TAGS